自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産の依頼は弁護士と司法書士どっちがいい?

自己破産を誰かに依頼をするとき、おのずと弁護士か司法書士ということになります。

 

ではどちらに自己破産の依頼をすればいいのかというと、依頼主の考え方によります。

 

とにかく安さを重要視するならば、

 

それは司法書士のほうがいいでしょう。

 

まず、司法書士のほうが費用が安いのです。

 

自己破産をするうえで、弁護士、司法書士どちらに頼んだとしても無料というわけには行きません。

 

仮に全てを自分で行うにしても、数万円の費用はかかります。

 

これを弁護士や司法書士に代行してもらうと、その報酬がプラスされるのです。

 

この報酬ですが、司法書士に依頼をした場合には150000円から300000円といったところが相場です。

 

一方、弁護士に依頼をした場合には、200000円から500000円はかかるといわれています。

 

なので、安さを求めるなら司法書士がいいでしょう。

 

また最近の司法書士の仕事のメインは債務整理なので、その点もプラスと言えます。

 

多くの司法書士は債務整理を専門としておりますので、依頼を快諾してくれるケースも多いというわけです。

 

注意点としては、総債権額が140万円超の場合は司法書士に依頼することはできません。

 

対して弁護士のメリットは

 

本人の代理人として借金問題に取り組んでもらえるということです。

 

自己破産などを申し立てすると、裁判所で裁判官との面談が行われることがあります。

 

この時に、弁護士ですと裁判官からの質問に対して本人の代理人として答えることができます。

 

大規模な借金ですと、弁護士の方が適しているでしょう。

 

ただ、弁護士というのは自己破産が専門とは限りません。

 

弁護士によってはそういった債務整理が専門ではない弁護士もいます。

 

専門外の仕事に関しては、とても手が回らないということで断られるケースもあります。

 

また弁護士の中には忙しい弁護士もいます。

 

そんな弁護士に依頼をしても断られる可能性が高いのです。

 

なので、依頼する時は債務整理にたけた弁護士事務所を選んで、事前に相談などをするように下さい。