自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

ギャンブルでの自己破産は可能なのか?

自己破産申請のときにポイントとなってしまうことのひとつにギャンブルで出来た借金というものがあります。

 

確かに、破産法の中にはギャンブル等、浪費、賭博、その他射幸行為によって著しく財産を減少させた場合は免責許可しないとの項目があります。

 

まず注目して欲しいことは著しく財産を減少させた場合が問題となります。

 

そもそも自己破産した人間全ての人がギャンブル未経験者ということは考えられないでしょう。

 

もちろん、ギャンブルが借金の主たる理由の場合は免責許可されないケースが考えられますが、ギャンブルが理由のひとつでしかない場合は許可されることもあります。

 

さらに、破産法には浪費、ギャンブル等が理由で財産を減少させたとしても、破産手続きに至った経緯を考慮して免責許可が相当の場合は許可決定をするとの項目もあります。

 

このことからも、ギャンブルが原因だからといって自己破産を初めから諦めるという必要はなく、まずは弁護士などの法律家に相談することが必要ということがいえます。

 

弁護士に相談することで、借金にたいして違ったアプローチから理由を考えることで、ギャンブルでの借金でも自己破産可能なケースもあるということです。

 

ただ、ギャンブルでの借金自体は自己破産にはネガティブ要素には違いないので、そのことは念頭においておく必要があります。