自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産後に銀行口座をひらくことは可能?

自己破産をしたからと言って、銀行口座を作る事ができなかったり、預金ができなくなる、振込ができなるというはありません。

 

そういった通常の口座の機能は全て破産前と同じように利用をする事ができます。

 

ただし、金融機関のブラックリストには乗ってしまう事になりますから、銀行から融資を受けるなどといった事はできなくなります。

 

自己破産をすると銀行口座などが利用できなくなってしまうかもしれない、と不安に思っていたという方も、安心して大丈夫だと言えるでしょう。

 

ですから、こういった自己破産の心配を持っていたという方も、是非これらの事を参考にして自己破産を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ただしここで注意すべきなのが、破産前から持っていた口座でローンの引き落としなどがある場合には、破産後にも継続して引き落としが行われてしまう可能性もあります。

 

しかし、破産後にはもうそういったものは支払う必要はありません。

 

ですから、そういった口座は一切使用せずに、その口座は凍結をして、新しく口座を作るようにしましょう。

 

自己破産後の銀行口座については、是非これらの事を参考にして、注意をしてください。

 

そうすれば破産後にも上手に生活する事ができるでしょう。