自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産したら家族への影響はどうなる?

とても返済できないような多額の借金を抱えてしまったので、自己破産したいけど家族にも影響が出てしまうのではと心配になる方は多いのではないでしょうか。

 

自己破産ではマイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預貯金、20万円以上価値のあるマイカーなどは差し押さえされてしまいます。

 

家族とマイホームに同居している場合は家族も住む場所を失ってしまいますが、家族と同居していない場合は、ご本人の住む場所だけで家族になんら影響はありません。

 

自己破産ではご自身の債務の支払いは免除されますが、連帯保証人には支払いの義務が残っています。

 

家族が連帯保証人になっていれば請求が行ってしまい迷惑がかかりますが、連帯保証人になっていなければなんら請求が行くことはありません。

 

自己破産されると信用情報に最長で10年間、自己破産が記録されてしまい、新規借り入れやクレジットカード作成ができなくなりますが、家族の信用情報に記録されることはなく、問題なく新規借り入れやクレジットカード作成が行えます。

 

自己破産では一部の資格や職業に一定期間の制限があり、制限が解除されるまで収入が減ってしまう可能性があります。

 

ご家族と同居していてご本人の収入をもとに生活していた場合は影響があります。

 

同居しておらず家族自身の収入で暮らしていればなんら問題ありません。

 

家族と一緒にマイホームに住んでいる場合は影響が大きいですが、連帯保証人になっていなく同居していない場合はあまり影響は少ないと考えていいでしょう。