自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産後も携帯電話・スマートフォンは使える?

自己破産を申請すると、本人の所有名義の資産は殆ど処分する事態になりますが、今やライフラインでもあるスマホなどの携帯電話端末や料金の支払いはどうなるのでしょうか?

 

破産手続き中においては、今の携帯電話の契約状況の如何によって、携帯電話会社の対処の仕方が違ってくると思って相違ないでしょう。

 

そもそも携帯電話は、これから端末の新規購入をする場合と、まさに使用中である場合の2種類の状況に大きく分けるべきであり、これには信用情報機関が深く関わる形になります。

 

大抵の人は携帯電話端末を2年間の分割支払いで購入される事が多いと思いますが、そのローン審査の際に属性を確認する所が信用情報機関(CIC)になります。

 

そして、通話料の延滞情報を管理するのが(不払い情報交換システム)という別の機関になっています。

 

自己破産してしまえば、十中八九は債務事故者として上記の信用情報機関に登録されてしまうので、残念ながら携帯電話の分割ローン購入や契約自体を断られるケースは多いです。

 

もし割賦払いの最中であれば、携帯電話会社との話し合いで残りの携帯料金を債務として免責対象にする事は可能なので、原則的に携帯電話会社がその旨を了承した時点で携帯電話の使用ができなくなります。

 

ですから自己破産する場合は、なるべく割賦料金の延滞はないよう努め、利用料金を滞りなく誠実に支払い続ける姿勢を見せていれば、今まで通り継続利用を認めてもらえるケースもあるのです。

 

まずは、諦めないで弁護士や電話会社に携帯電話の利用の便宜を図れないか重々相談してみましょう。