自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産の手続きが完了する期間はどのくらい?

自己破産の流れとその期間については千差万別ですが、平均して同時廃止事件の場合は3ヶ月から半年、管財人事件の場合は概ね半年から一年くらいと言われています。

 

さてその手続きの流れですが、債務超過陥った債務者が住所地を管轄する裁判所に破産と免責の申し立てを行います。

 

裁判官はその債務者に対して意見陳述を行い、破産相当と認めた場合、始めて破産が認められます。破産決定の後、処分出来る財産が債務者になかった場合、破産手続きの開始と廃止を同時に行います。これを同時廃止と言います。実際にここまでかかる期間は概ね1ヶ月から3ヶ月くらいとされています。

 

なお債権者には破産が認められ、処分出来る財産がない為同時廃止決定したと言う事は通告されます。

 

破産が決定したら今度は免責についての意見陳述が始まります。

 

これは債権者に対しそれぞれ意見を求めるものでこれが一番時間がかかります。

 

内容は破産者に対しても免責を許可するか否かと言った内容なのですが、すんなり認めてくれる債権者もいれば中々認めてくれない債権者もいます。

 

全ての債権者との話し合いが同意に達した際に始めて免責が認められます。破産決定から免責が認められるまでが概ね1ヶ月から2ヶ月ほどかかります。