自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産は後悔するからやめるべき?

自己破産をすると後悔することもあると言われていますが、実際に後悔する可能性は低いと思います。

 

確かに自己破産をすることによるデメリットは沢山あります。

 

色んなものを失ったり、クレジットカードやローンが使えないなどの問題は当然出てくるのです。

 

しかしそれ以上に大切なのは、借金を全て無くして再出発が可能であるということです。

 

後ろ向きな行為ではなく、前を向いて進むための方法なので、後悔をすることなんてありえないのです。

 

自己破産の決定は自分で行うわけですから、こうしたことをして後悔するという場合は別の方法に変えるべきでしょう。

 

それだけの覚悟を持って行うのですから、通常は後悔というものは出てこないと思います。

 

それ以上に借金が無くなって、もう返済することはしなくていいんだという気持ちが強く出ると思います。

 

自分の家や高額な車は無くなってしまいますが、生活できるだけの環境は残っているのです。

 

これから地道に再建して、再び元の生活に戻れるチャンスがあるという気持ちの方が強く、これからが第2の人生だと思って始められるでしょう。

 

ですから自己破産で後悔をすることはないのです借金を減らさない生活よりも、安心して生活できる自己破産の方がいいこともありますよ。