自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産手続きのメリット・デメリット

自己破産は膨らんだ借金(債務)を免除してもらうための制度です。

 

といっても「借金が多くなったから免除してもらおう」というだけで借金がリセットできるわけではもちろんありません。

 

自己破産する場合は裁判所の審査に通る必要があります、借金を支払える能力(資産)があるかどうかが一番大きな条件になります。

 

自己破産にはメリットとデメリットがあります。

 

メリット

 

まずメリットとしては、言うまでもなく借金を返済する必要がなくなることです、メリットはこれしかないでしょう。

 

デメリット

 

気になるのはデメリットです、

 

借金をリセットできるのは非常に債務者にとってはいいことですが、なにかしら悪いことがあるのでは?
と考えますよね、

 

もちろんん自己破産することのデメリットはいくつかあります、まず自己破産すると、残っている自分の財産もすべて失うことになります。

 

また、連帯保証人がいた場合は、破産手続き開始決定後に連帯保証人に催促がいくことになりますので、迷惑がかかります、

 

その他は官報に掲載されるといった点がデメリットですが、人によってはこれをデメリットと思わない方もいるでしょう。

 

とにかく自己破産はどうしようもなく多額の借金を抱えてしまった人が再スタートするための制度なのです。