自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産すると年金受給できない?

借金で首が回らない状態になってしまった時、頭をよぎることといえば自己破産です。

 

一度も借金したことがないという人でも、自己破産という言葉は聞いたことがあると思いますし、間違った知識から必要以上に自己破産を怖がっている方もいるようです。

 

ですが、自己破産というのはあくまでもその人の人生を助けるための救済処置であり、破滅させるためのものではありませんから、誤解のないようにしておきたいところです。

 

そして、自己破産に関して多くの方が多くの疑問をもっていますが、中でも多いのが自己破産をしても年金はもらえるのだろうか、きっともらえないに違いない、という考えです。

 

なぜかというと、自己破産すれば財産の多くがとりあげられてしまうので、年金だってとられてしまうに違いないとい思ってしまう方が多いのです。

 

ですが、破産宣告時以降に働いて稼いだ給料などはとりあげられることはありませんし、最低限生活していくのに必要だと思われる最低限レベルの家具もとられることはありません。

 

そして、公的年金の受給権というのはそもそも、破産宣告の時の財産処分の対象外とされているんです。

 

ですから、年金は問題なく受給することができるということですから心配はいりません。