自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産と連帯保証人の問題

連帯保証人がいる場合、自己破産については慎重に行なう必要があります。

 

自己破産をすると借金の返済は連帯保証人がしなくてはいけなくなります。

 

しかも基本的に一括返済を迫られる事になります。

 

最近増えているのが学生時代に受け取った奨学金が返済できず自己破産するケースです。

 

こういった場合は親が連帯保証人になるケースが多いため借金の返済は代わって親がすることのなります。

 

もしも親に払える余裕があるようなら自己破産をするのをやめて、毎月の返済を親に肩代わりしてもらって余裕のある時に親に返済するといった方法をとった方が良いかもしれません。

 

もしも自分も親も払えない状態なら、一緒に自己破産手続きをとらないとかえって親に迷惑をかけることになります。

 

連帯保証人がいる場合には弁護士など専門家に相談して、自分にとっても連帯保証人にとっても一番良い解決策を探したほうが良いでしょう。

 

一番良くないケースは連帯保証人に相談も連絡もせず、自分だけが自己破産するという事です。

 

信頼して連帯保証人になってくれた人に借金が返せなくなったと告げるのは心苦しい事ですが、借金問題を解決するのにそれしか方法がない場合は、そのなかでも最善の方法をとることが大切です。