自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

そもそも、自己破産はなぜ弁護士に相談した方がいいのか

自己破産をする時に弁護士に依頼するか、司法書士に依頼するかで迷う人も多いものです。

 

確かに費用の面では司法書士の方が安いのですが、司法書士は書類作成を代理してくれるだけなので自分でやらなければいけない事が沢山でてきます。

 

司法書士に依頼すると裁判所に申し立てするのも自分でやらなくてはいけませんし、裁判所との対応も自分でしなければいけません。また司法書士に依頼すると、自己破産が成立するまでに時間がかかるケースが多くなっています。

 

それに比べると弁護士は自己破産をする人の代理人となることが出来るので、全てを任せる事ができます。

 

特に処分対象になる財産が多い場合や、ギャンブルなどで借金を作ってしまい自己破産しても免責がおりない可能性がある場合は弁護士に依頼しないと対処する事ができません。最初から弁護士に依頼していたほうが、スムーズにかつ迅速に破産処理ができるようになります。

 

自己破産するときには借金問題に詳しく実績のある弁護士事務所に依頼するほうが良いでしょう。

 

特に免責が得られないかもしれない場合には、実績のあるところではないと対応できずに断られる場合もあります。

 

良い弁護士事務所は料金も明快で、かかる費用も分割払いで受け付けてくれるところもあるので、まずは相談してみると良いでしょう。