自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産の着手金が高くて困った時

自己破産をする上で、問題になってくるのは着手金かと思います。

 

借金を返済するお金がないのに、着手金が高かったら自己破産自体も見送ってしまうというケースも少なくないと思います。自己破産の着手金は、依頼する人や方法で異なってきます。

 

実は自分で申請をする事も可能で、その際には費用はせいぜい3万円程で抑える事ができます。ただ、その分手間や労力などもかかりますし、大変ではあります。

 

弁護士に依頼をする場合には、着手金だけで20万円から50万円程かかる事が多いです。

 

そこにさらに成功報酬などもつきますから、かなり高いと言えるでしょう。

 

弁護士の場合には失敗をしても、成功報酬以外の着手金はもっていかれる事になりますから、失敗しないために良い弁護士を選ばなければいけません。
次に司法書士ですが、こちらは成功報酬などはなしで、15万円から30万円程で依頼を受けてくれます。

 

このように方法などにより結構な差が出てきますから、自分はどのように行うかどうかは自分で判断をする必要があると言えるでしょう。

 

その際には是非この自己破産時の着手金の相場を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

自己破産は前向きな選択ですから、必要だと思うのでしたら実行しましょう。