自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産したらヤミ金の取り立ては終わるの?

そもそもその存在が違法であるヤミ金は法律を守って営業していません。

 

自己破産をすれば通常の金融機関の取り立てはストップします。

 

弁護士に依頼したならばその時点で取り立ては止まります。

 

しかし、法律を無視しているヤミ金の取り立てには自己破産は効果がありません。

 

むしろ怒鳴りこんでくることがあるくらいです。こうしたヤミ金の取り立てを止めるにはやはり弁護士、時には警察に相談するのが一番です。

 

そもそもが違法なヤミ金は利息も法律の制限を大きく超えている可能性が高いです。

 

こうした利息の制限を超過した部分は過払い金請求によって取り返すことが可能です。

 

これまでの支払いの証拠などを揃えて専門の弁護士に相談するのが良いでしょう。

 

それでも取り立てや嫌がらせが止まらない場合は警察の出番です。ヤミ金が一番恐れているのは警察による摘発ですから、警察が動いてくれると取り立てはピタっと止みます。

 

脅迫行為や暴力行為の証拠があれば警察も動いてくれやすくなります。

 

電話に録音機を設置するなどして、違法な取り立ての証拠を採取できるようにしましょう。

 

一番してはいけないのは取り立てに対してこちらも挑発的な行動をとることです。万が一ということがありますから、できるだけやりすごしつつ専門家に相談してください。

 

くれぐれも相手の事務所に行ったり車に乗ったりしないように。相手の手の内に入り込んでしまうのはあまりに危険です。