自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産手続きの条件

自己破産の条件について、まず自己破産と言うのは、債務者が債務を履行出来ず、経済状況が破綻したとき、

 

自ら裁判所に出向いて行うか、または弁護士に相談して自己破産の申請を行い、それを債権者が了承して成り立つものが自己破産です。

 

従って履行出来ない債務、または多重債務に陥ってしまい、それを今後支払って行くことが困難であれば、特に条件も言うものはありません。

 

しかし注意しなければならない事として、処処分可能な資産があった場合、あったまずはそちらの処分を履行しなければなりません、また債務を抱えた状況によっても左右されます。

 

もしそれがギャンブル等の遊興費によるものであれば自己破産は難しいと考えたほうが良いかもしれません。

 

また自己破産条件ではありませんが、資格の制限と言うものがあり、職種によって出来ないと言う事ではありませんが、自己破産が決定して、免責が認められない限り、一定の職種には就けないと言う事があります。

 

制限される職種に就いている人は自己破産が決定してから免責が認められる迄の間だけでも会社の上司等に相談して今後の振舞い方を考える事を勧めます。

 

と言うのは、免責が認められる一定の期間のみだけであってそれが認められたらそういった制限は一切なくなるからです。