自己破産の手続き|弁護士選びのポイント

自己破産すると住宅ローンはもう組めない?

マイホームを持ちたいと検討されている方であれば、まとまった金額が無い方意外ですと必然と各金融機関のローンを組まれると思います。

 

しかし、このローンについてですが、自己破産後になりますとローンを申請する所か組めない状況に陥ります。

 

その理由として金融機関が登録している情報提供の所から自己破産した方の情報が来るためです。

 

その情報機関には、自己破産した方の個人情報の他に借入した金融機関、消費者金融も含めて登録をされています。そのため金融機関が情報提供を行っている所へ連絡して発覚すると、そこでローンを組む事は不可能になります。

 

そのため、情報が薄れる自己破産後7年から10年が経たないとローンを組めないと言われてきています。

 

ただし、7年から10年経てば問題無いからと言って容易にローンは組めません。例えば審査基準として働いているか、そして金融機関に幾らお金を貯蓄しているか等を見られます。

 

そのため何も準備無しに金融機関にローンをお願いしますと言っても、すぐに首を縦に振っていただけることはございません。

 

皆様の中でもし、自己破産後に住宅ローンを組みたいと検討されている方がいらっしゃいましたら、7年から10年はまず待ち、それまでに仕事や貯蓄を行うようにしておきましょう。